Top Page > スポンサー広告 > スキンケア 脂性スキンケア > スキンケア 脂性

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキンケア 脂性

このエントリーをはてなブックマークに追加
スキンケアしよう

私は昔から脂性でしたので、

スキンケア オイリー肌・脂性について。

目次

1.脂性とは

2.脂性(オイリー肌)だと感じ始めた経緯

3.脂性のメカニズムと原因

3.-1 原因について

4.脂性が引き起こすこと

5.脂性をどのようにケアしているのか


目次.
○脂性とは
○オイリー肌のメカニズムと原因
○原因について
○引き起こすこと
○どのようにケアしているのか

○脂性とは

 一般的にはオイリー肌と呼ばれるものです。

何らかの原因で、皮脂が過剰に分泌され、テカテカギトギトの状態です。

私は高校生の頃は脂がテカテカギトギトだったので、

結構気にしてしまっていました。

○オイリー肌だと感じ始めた経緯

 高校生のころの私は、朝しっかり洗顔をして、学校に向かっていったにもかかわらず、

お昼ご飯を食べる時間にはテカテカしてしまってました。

ギャツビーの脂取りシート(青いやつ)を一回の使用で2枚使っていたほど。

友達からは、油田か!って突っ込まれていました。笑

○オイリー肌のメカニズムと原因

 オイリー肌は皮脂が過剰に分泌されて起きています。

皮脂の分泌をつかさどるといわれているホルモンがテストステロンとアンドロゲンというホルモンです。

このホルモンはストレス反応によって分泌されています。

帰りの電車で仕事帰りの人はテカり気味の人が多い印象です。私もそうでしたし(^_^;)

○原因について

 オイリー肌の原因は多岐にわたるとのことですが、食生活、ストレス(生活環境)、不適切なスキンケア

といわれています。

この中で最も多いとされているのは、食の欧米化に伴ったものでバターやラード、肉類、など不飽和脂肪酸の

取りすぎといわれています。

脂っこいものを外せないという方は、脂ののった旬の魚でもいいそうです。魚の脂は皮脂として分泌後

サラサラとしているのもなので、肌を守るという役割を最大限にしてくれるそうです。

生活環境は生活習慣の改善、不適切なスキンケアは皮脂の取りすぎを防ぐことで解決です。

○引き起こすこと

 オイリー肌はどうしてもニキビができやすい環境になってしまいます。

ニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れに、アクネ菌という菌が繁殖し炎症を起こします。

炎症が起こった状態のニキビは赤ニキビ、毛穴が詰まった状態のニキビは白ニキビといわれています。


つまりニキビは

皮脂や汚れが詰まる→顔にもともといるアクネ菌が中で増殖する→毛穴を膨らませる(白ニキビ)
→周囲の細胞にまで攻撃をする→赤くなる(赤みキビ)


○どのようにケアしているのか
 
 皮脂の量を減らすというのはそう簡単にできるものではありません。

しかし、日ごろのケアを行えば全くケアしないよりは抑えらえることができます。

日ごろから気を付けていること

・洗顔時に皮脂を落としすぎない(ぬるま湯で洗顔するか、水で洗顔する)
・テカりが出てきたと思ったら脂取り紙で脂をとる。この時、こするように取るのではなく、肌に押さえつけてとる。
・保湿をしっかりと行う。


ということに注意してします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Top Page > スポンサー広告 > スキンケア 脂性スキンケア > スキンケア 脂性

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

清潔感,身だしなみ

Author:gottz0703
ご訪問していただきありがとうございます。
夢をかなえたい元サラリーマンのGottzと申します。
ここでは、これまでに自分がコンプレックスを持っていたこと、
今もコンプレックスを持っていること(薄毛)をはじめ、
流行っているダイエット方法や商品の紹介をしていきます。
色々な悩みを抱えている人の励みになればと思いますので、
どうかよろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。